初心者向け

「ブレッドボード」電源で、ACアダプターを使う

電子工作や実験をする時、電源は何をお使いですか?

「パーツセット」や「電子工作キット」に入っていた「電池ボックス」という方も多いと思います

しかし、本やネットなど「他の製作記事」をやろうと思うと、「12V」や「5V」といた電圧が必要だったりして、「ブレッドボードで使う電源」で悩む、と言った事も地味にあるかと思います

確かに、安定化電源や自作電源(レギュレーターICなど)が使えれば良いのですが、初心者にはいろんな意味で敷居が高いですよね

そこで、今回は「簡単・手軽かつ安全」にいろんな電圧を供給できる「ACアダプター」をブレッドボードで使用する方法を書きたいと思います

ACアダプターとは

家庭用のコンセント(AC100V)から、機器で使われる直流(DC)を作る装置です

ACアダプター

電源に差し込む「黒いアレ」ですね

内部には、交流から直流を作る回路(降圧回路、整流回路、定電圧回路)の他に、ショート、温度上昇時の保護回路が内蔵されています

ACアダプターの良いところは、コンセントに差し込むだけで、簡単に直流電源を得られることです。

電圧も3.3Vから、マイコンやデジタルICなどでよく使う5V、四角い電池と同じ9Vや、ヘッドフォンアンプの自作などでよく使われる12V、15V、そして24Vなんていう高めの電圧のものもあります

ACアダプターの選び方

ACアダプターを選ぶ時、次の3つの項目を必ずチェックします

  • 出力電圧(V)と、最大電流(A)
  • プラグの極性
  • プラグのサイズ
アダプターの選び方

電圧と電流、極性は、ACアダプター本体に書かれています

アダプターとジャックサイズ

ジャックサイズは、外箱や外装パッケージなどに書かれています

サイズの一例(外径*内径)

  • 5.5*2.5mm
  • 5.5*2.1mm
  • 4.8*1.7mm
  • 4.0*1.7mm
  • 3.5*1.35mm
  • 3.0*1.1mm
  • 2.5*0.7mm

この他にも色々あります(特に外径5.5mm、内径2.1mmは多いです)

電圧を切替えできるタイプや、各サイズのジャックアダプターが付属するもの、極性を切替できるもの、なども市販されています

ブレッドボードでACアダプターを使うには

写真のような、変換基板(変換アダプター)が市販されています

ブレッドボード用:ACアダプタージャック変換基板

上記の変換基板は(外径5.5mm/内径2.1mm)のアダプター用です

ハンダ付け済みの完成品もあります、ハンダ付けに自信のない方は、そちらを使うとと良いでしょう

USB電源もつかえる

USB変換基板を使えば、USBアダプターから5Vの電源を取ることもできます

USB変換基板

写真はmini_USB

ピンヘッダーをハンダ付けする必要があるキットですが、USBのAタイプ、Cタイプも変換基板があります

(VCCが5Vプラス、GNDがマイナスです)

電源には「コンデンサー」を入れましょう

電源をブレッドボードにつないだら、「プラス極とマイナス極の間」に10μF~100μF位のコンデンサーを入れておきましょう

※パスコンといいます。ICなどの半導体を正常に動作させるために、必要なパーツです

電解コンデンサを使う場合は、極性(プラスとマイナスのリード)があります

間違えないように、十分に確認してください

まとめ

ACアダプターは電子工作の、手軽な電源として重宝します

電子工作では、変換基板を使って「ブレッドボード」で利用可能です

選ぶ時のポイントとして

  • 電圧と電流
  • 極性
  • プラグサイズ

を確認しましょう。

USBの変換基板を使えば、USB電源も5Vの電源として利用できます

※電源には10μF~100μF位のコンデンサーを入れておくと、安心です