ツール

テスターの使い方入門

突然ですが、みなさん、テスターって使ってます?

電気がよくわからない原因の一つが「目に見えない」ってことなんですよね。

電気のことを値として示してくれるもの(計測器)は、電子工作をする上で「すごく重要」です

デジタルとアナログテスター

その一つが「テスター」ですね。電圧や抵抗値などの値を測る計測器です。

とはいっても・・・

「なんか、いろんな記号が書いてあって、難しそう」とか、「使い方がよくわからない」って方もいらっしゃるのでは

実は、テスターでよく使う部分って、そう多くないんです

(中には「ガチ」でマルチメーターの全レンジ使い倒してます!って方もいるかも知れませんが・・・)

簡単なので、この機会に覚えてしまいましょう

テスターの種類

アナログテスターと、デジタルテスター

テスターには、昔ながら針メータの「アナログテスター」と、液晶などデジタル表示の「デジタルテスター」があります

アナログテスター
デジタルテスター

マルチメーターとは

「マルチメーター」はテスターの上位互換と思って良いでしょう

テスターより、多機能な測定ができる機種です

電流や電圧、抵抗値だけでなく

  • 静電容量
  • ダイオード導通
  • 温度(専用プローブが別売されている場合が多い)
  • 周波数カウンター
  • 交流のデューティ比
  • トランジスターのhFE
  • 測定中の最大値、最小値、平均値

などが測定できます(機種によって違います)

初心者の方(一台目)は、

オートレンジタイプ「デジタルテスター」あるいは

「デジタルマルチメーター」をお勧めします

テスターの使い方

電子工作で使う主な測定は、次のようなところでしょうか

  • 直流電圧
  • 交流電圧
  • 抵抗値
  • 直流電流

直流電圧を測る

おそらく、一番使う測定だと思います

直流電圧レンジに切換える

直流電圧レンジ
  • 直流電圧レンジは「DCV」または「Vとー」が書かれています(「ー」は直流を表す)
  • オートレンジの場合は「直流電圧レンジ」にするだけでOKです
  • オートレンジでない場合は、大きな測定レンジにしておきます
  • レンジの数字は測定できる最大値です(電源12Vでしたので、30Vにセット)

テスター棒(プローブ)をセットする

ショートさせないように十分に注意しましょう

できる限り、電源を落としてから、セットしましょう

電圧の測り方(並列につなぐ)

プラス側を「赤」、マイナス側を「黒」につなぎます

アナログ(針)テスターでは、逆に針が振れると「メーター故障」の原因になります

デジタルテスターでは、逆につないでも「マイナス表示」になるだけです

デジタルテスターのマイナス表示

測定値を読む

テスターで電圧を読む

オートレンジの場合は、自動で適切なレンジ(表示)を選んでくれます

オートレンジのテスターでは、そのまま読めばOKです

オートレンジではない場合、適切なレンジに切り替えて目盛りを読みます

レンジを細かく切換える

30Vレンジより12Vレンジのほうが、目盛りの間隔が細かいので、より詳しく読むことができます

交流電圧を測る

交流電圧レンジに切換える

交流電圧レンジ
  • 交流電圧レンジは「ACV」または「Vと~」が書かれています(「~」は交流を表す)
  • オートレンジの場合は「交流電圧レンジ」にするだけでOKです
  • オートレンジでない場合は、大きな測定レンジにしておきます

テスター棒(プローブ)をセットする

直流電圧と同様に、電圧を測りたい場所に並列につなぎます

測定値を読む

表示された、測定値を読みます

交流電圧は一般的に実効値で示されます

(実効値とは直流電圧と同じ仕事をする交流電圧の表し方です)

※注意すべきは、交流のピーク値は実効値より高いです

実効値100Vの交流(サイン波)のピーク値は、141V位あります

抵抗値を測る

抵抗測定レンジに切換える

抵抗レンジ

抵抗測定レンジは、「Ω」マークが書かれています

テスター棒(プローブ)をショートさせて、0Ωをチェックする

0Ωテスト(プローブショート)

アナログテスターでは、アジャストツマミ(ADJ)を回して0Ωに合わせます

アナログテスターの0ΩADJ

テスター棒(プローブ)をセットする

抵抗測定(プロープをセット)

抵抗測定時は、外部から電圧がかからないように注意します

(テスター故障の原因となります)

測定値を読む

表示された、測定値を読みます

測定値(Ω)

アナログテスターの場合は、抵抗レンジを切換えると、再度0Ω調整が必要になります

※見当がついている場合は、適切な抵抗レンジを選びましょう

抵抗器には、値がカラーコードで示されていますが、わかりにくい時も少なくありません

部品チェックも兼ねて、測ってしまうのも一つの手です

抵抗の「カラーコード」を読む【4本・5本の早見表あり】 電子工作に欠かせないパーツ「抵抗器」 しかし、混ざると分けるのが「とっても面倒くさい」パーツでもあります それは・・・多く...

直流電流を測る

電流測定はテスターや、回路部品を一番破損しやすい測定です

十分に確認してから、測定を開始しましょう

また、電流測定が終わったら、テスター棒のプラグは抜くか、電圧測定位置に戻しましょう(レンジスイッチはOFFにしましょう)

直流電流レンジに切換える

電流測定レンジ
  • 直流電流レンジは「DCA(DCmA)」または「A(mA)とー」が書かれています
  • 電流測定用のジャックがある場合には、そちらにつなぎます
  • オートレンジでないテスターは、大きめのレンジにセットします

※このデジタルテスターは、交流電流も同じレンジで計測でき、A(mA)の上に「ーと~」の両方のマークが書かれています

電流測定用のジャック

テスター棒(プローブ)をセットする

電流測定(直列にプローブセット)

電流測定では、必ず回路に直列になるようにつなぎます

※直列につなぐには、回路の一部をカットしなければなりません

表示された、測定値を読みます

測定値(A)

※電圧レンジで電流を測定することもできます

組み上がってから、電流測定したい場合などによく使われる方法です

ハンダ付けして組んだあと、回路を切って測定するのは、現実的ではありません

そこで、測定箇所に抵抗を入れておいて、両端の電圧を測定すれば、オームの法則を使って電流を算出できます

電圧測定なら並列につなぐので、回路を切る必要がありません

(正確に測定するなら、抵抗は測定しておくか、誤差の小さな抵抗を使います)

あると便利なもの

ワニ口クリップの付いたコードなどを用意しておくと、電子工作などでは便利に使えます

便利グッズ(ワニ口クリップ)

※高圧の測定などはできませんが、電子工作や実験、部品チェックでは問題ないと思います

便利グッズ(測定例)

純正品のアクセサリーとして、ワニ口クリップ付きのコードや、ワニ口アダプターを販売しているメーカーもあります

まとめ

  • アナログテスターと、デジタルテスターがあります
  • マルチメーターは、テスターより多くの測定ができます
  • オートレンジのデジタルテスター(マルチメーター)が便利です
  • 電圧測定は、測定箇所と並列(両端)にテスターを当てます
  • 抵抗値の測定は、テスター棒をショートさせて0Ωを確認してから始めます
  • 電流測定は、測定回路と直列に(回路を切って)テスターを当てます
  • 電圧測定から電流を計算する方法もあります
  • ワニ口クリップ付きコードなどがあれば、便利です

どんなベテランや回路設計のプロでも、電気は測ってみないとわかりません

電子工作を始めるにあたって、テスター(マルチメーター)は、ぜひ揃えたいですね

(安価なデジタルテスターでも、電子工作では十分使えます)